かたち・あそび : 日本人形玩具学会会誌 Vol.30  2020年3月25日発行  

タイトル 執筆者
第31回研究発表大会    
基調講演    
人生一〇〇年時代 高齢者と人形玩具のこれから 遊び直し・学び直しとしての生涯玩具・生涯人形 増淵宗一 5
シンポジウム    
人形・玩具研究のこれから    
人形・玩具研究のこれから 博物館における人形玩具資料の役割 幡鎌真理 15
人形・玩具研究のこれから 千田靖子 16
人形玩具史研究部会のあゆみとこれから 林 直輝 18
人形玩具研究のこれから 菊地浩平 19
子どもとおもちゃ研究部会からみた「玩具研究のこれまでとこれから」~主な四種類の部会活動と研究課題・研究のあり方について~ 中村圭吾 20
えんじる人形 あそぶ人形 みる人形 幸田眞希 22
研究発表要旨    
人形を通じた融和―― 梨木香歩『からくりからくさ』における竜女を中心に 長谷川明子 23
ジュール・ヴェルヌ『カルパチアの城』における視線の問題 ――人形/肖像画に視られるとき 新島 進 24
農民美術 特集 誕生一〇〇年    
農民美術「こっぱ人形」の普及に関する一考察 ―農民美術講習会を介した伝播性を中心に― 有馬知江美 25
木片人形に象徴される戦前の農民美術運動の盛衰 ―農村副業奨励運動とのかかわりとともに 宮村真一 36
山本鼎の農民美術運動の苦悩とその後について 德武忠造 46
女性たちの農民美術~学び、そして、創ることのよろこび~ 小笠原正 55
京都府における農民美術運動の受容と展開 ―宇治・茶の木人形との関連を中心にして― 田中正流 63
金井正 小論 描かれた「ポスト農民美術」 増淵 宗一 72
二〇一八年度表彰受賞者 寄稿    
学会賞 新井榛名、井上重義、菊地浩平 82
奨励賞 青木 勝、田中正流 85
特別表彰 小林すみ江 86
表彰委員会 二〇一八年度・審査の経過と結果について 増淵宗一 87
論文    
江戸小細工手遊物の名店 七澤屋 通説の再検討から見えてくるその実態 川内由美子 88
研究ノート    
未来に生き残る玩具―バービーのMI理論的価値― 石渡圭子 100
人形を通じた融和――梨木香歩『からくりからくさ』における竜女を中心に 長谷川明子 110
報告    
ギューリック三世ご夫妻来日 2019 ―日米親善人形交流百周年に向けて― 青木 勝 118
からくり人形モスクワ国際人形劇祭で公演 千田靖子 121
紹介    
きゃあ~お雛様!~二木屋とお雛様の物語~ 森田まり子 124
西町ブル 熊谷信夫 127
ベル・エポックの写真館(ナダールとルートランジェ) 宮後年男 131
資料紹介    
上方古板組上燈籠絵考 肥田晧三 135
うたの中の人形・玩具 小林すみ江 137
学会創立時&学会誌創刊時    
学会誌三十号に寄せて 北原照久 135
ブリキ玩具とともに 熊谷信夫 142
「あの頃」のことども ―学会設立当時を振り返る― 小林すみ江 144
百遊・百学の連環 学会創設時の理念 増淵宗一 145
あのころ 和久洋三 149
随筆    
人形師なる私 谷井真由美 151
人形・演じる・物語 嶋 孝枝 156
私の場合 ―女流文化という大河に育まれて― 舘岡千種 159
氷河時代のライオンマン 森 美可 164
書籍紹介    
京都国立近代美術館研究論集CROSS SECTIONS VOL.9 藤井秀雪 167
今田絵里香『「少年」「少女」の誕生』(二〇〇九年) 谷口奈々恵 169
河本信雄『田中久重と技術の継承 時計から からくり人形、そして電信機』(二〇一九年) 檜垣理緒 172
廣田恵介『親子で楽しむ かんたんプラモデル』(二〇一九年) 堺 文男 175
誌上一品会    
天江富彌画 屏風・六曲一双「むかしのおもちゃいろいろ」 近松義昭 177
おもちゃ箱    
映像における本物に見える人形とは 洪 愷均 180
第31回研究発表大会-東京大会-報告 安芸毬子 184
二〇一九年度 第三回定期社員総会報告 葛西好文 186