致道博物館 企画展「紙鳶洞コレクション 日本人形の美」

日本の伝統文化に育まれた人形。それは様々な美術工芸の集大成であるとともに、祈りや祝いの心を托したヒトガタでもあります。
子どもの成長を願った江戸時代の雛人形や五月人形、気品あふれる宮中ゆかりの御所人形、各地で作られた素朴な郷土人形、人間国宝による芸術作品など、その姿かたちはじつに多種多様です。
人形研究家の林直輝氏のコレクションから「造形の美」と「心の美」を備えた優品約60点を展観。あわせて、節句に飾られた掛け軸と幟(のぼり)約20点を紹介します。

初日、最終日は林直輝氏によるギャラリートークを開催します。

 

 

 

・開 期    2021年4月24日(土)~2021年6月6日(日)
           午前9時~午後5時(受付4時30分終了)・休館日なし

   

・会 場    致道博物館(山形県鶴岡市家中新町10-18(鶴岡公園西隣))

 

・料 金    一般:800円/高大生:400円/小中生:300円(20名以上団体割引、他各種割引有)
        ※本料金で企画展のほか、常設展示6棟、名勝庭園をご覧いただけます

 

 

・公式ウェブサイトアドレス  

   https://www.chido.jp/

 

 


【図録紹介】
致道博物館企画展「紙鳶洞コレクション 日本人形の美」の出品作品・資料、林直輝氏によるテーマ解説、作品解説を全て掲載しています。林氏の特別寄稿「『日本人形の美』までの道―ある愛好家の半生―」(5頁)も収録しています。
・規 格  B5判 70頁 フルカラー印刷
・解 説  林 直輝
・編集発行 公益財団法人致道博物館
・初版発行 令和3年4月24日
・価 格  1冊 1,000円(税込)
・購入方法 致道博物館ミュージアムショップまたはオンラインショップで取扱中です
    https://chidoshop.thebase.in/items/43367882
   ※発送料金、振込手数料等は別途となります。ご了承ください



ダウンロード
日本人形の美_表
日本人形の美_表 .jpg
JPEGファイル 492.2 KB
ダウンロード
日本人形の美_裏
本人形の美_裏.jpg
JPEGファイル 466.7 KB