「千代田の春 江戸東京の正月あそび」

江戸文化の中心であり、将軍家・武家と町人の文化が入り交じっていた千代田の地。この度、神保町の奥野かるた店において、その千代田の春に思いを馳せ、江戸・東京の正月あそびを偲ばせる遊戯画像と物品資料(凧あげ、百人一首、かるた、羽根つき、春駒、ミニチュア細工などの遊戯物)を集めて展示・紹介します。地域に伝わるこの文化、老若男女・貴賤貧富の垣根のない正月あそびの楽しさと素晴らしさを再現し、コロナ禍の正月を家族で楽しく安全に過ごすヒントとしていただければ幸いです。千代田区及び千代田区商店街連合会、神田古書店連盟の後援をいただいています。

人形玩具史研究部会 江橋崇、奥野誠子、葛西好文、川内由美子、林直輝

 

 

・開 期    2020年12月4日(金)~2021年1月24日(日) 12:00~17:00

          休館日  毎月第2第3日曜日・毎週月曜日及び12月31日~1月4日

   

・会 場    千代田区神田神保町2-26 奥野かるた店2階ギャラリースペース

 

・料 金    無 料

 

・ギャラリートーク 12月19日(土) 13:30~14:30 先着20名

        要予約 080-3356-4423まで 

 

・公式ウェブサイトアドレス  

  facebook「千代田の春 江戸東京の正月あそび」#ちよはる

 

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館となることも考えられますのでご注意ください。

 


ダウンロード
千代田の春 江戸東京の正月あそび
千代田の春チラシ表.jpg
JPEGファイル 1.8 MB

ダウンロード
千代田の春 江戸東京の正月あそび2
千代田の春チラシ裏.jpg
JPEGファイル 1.8 MB

12月3日(木)、展示に先がけ「千代田の春・江戸東京の正月あそび」研究会がひらかれました。