瀬戸ノベルティ「鉄腕アトム」中村儀朋氏所蔵

-鉄腕アトム-
生誕70年にあたる今年、未曽有のコロナ禍、東日本大震災10年…。
人間の悲しみに寄り添い、声なき人の苦しみに涙を流す。
そんなアトムが、無性に恋しく、懐かしく、もう一度、会いたい…。


緊急事態宣言のため、会期途中で休館となった人形玩具史研究部会の展示「千代田の春 江戸東京の正月遊び」実施報告書がアップロードされました。

第4回 学会賞、奨励賞、特別表彰の推薦公募について

 

自薦、他薦を問いません、ふるってご応募下さい。

締め切りは3月31日(水)です。

「表彰推薦書」はこちらからダウンロードできます。

 

平野の家 わざ 永々棟 令和3年春の特別公開「永々棟のひなまつり」

2021年2月26日(金)~3月28日(日)

 

大正時代の雰囲気が残る数寄屋建築で、春の京都を彩るはんなりとした雛の世界と、細やかな技が光る工芸品をお楽しみください。

 


第2回表象遊戯学研究部会を開催します。
部会員以外の方の参加も大歓迎です。
■開催日時
 2021年1月16日(土)13:00頃~

■場所
 ZOOMミーティングによるオンライン開催
 
 ※部会員以外の方で参加を希望される方は下記メールアドレスまでご一報ください。ミーティングアドレスをお知らせいたします。
 人形玩具学会(jidtrainfo@gmail.com)担当 堺文男
■登壇者(予定)
菅 実花『博論に関する発表と報告』

人形玩具史研究部会 

企画展示「千代田の春 江戸東京の正月あそび

新型コロナ感染症の蔓延に対して、

緊急事態宣言発出に伴い、展示企画を

1月8日以降、休館とさせていただきます。

再開が可能になりましたら改めてお知らせいたします。

 

2021年1月7日

「千代田の春 江戸正月の正月あそび展」実行委員会

今年度の研究発表会は、日本国内における新型コロナウィルス感染症の流行のため、書面開催となりました。

詳細は、研究発表会ページを参照ください。



・『表象遊戯学研究部会論集I』が発行されました(2020/5/25)

 表象遊戯学研究部会は、2017年にディジタル遊戯学研究部会から改称し、現在に至ります。改称以降、原則年4回研究会を開催し、これまでに25本の研究発表がなされました。この論集は、そうした研究発表をまとめ、多岐にわたる研究分野を一望するものです。

・『日本人形玩具大辞典』が再版となりました(2020/5/12)

 日本人形玩具学会編集の『日本人形玩具大辞典』(東京堂出版)は、2019年7月、初版が出版されましたが、このたび2020年5月20日付で再版となりました。学会員のみなさまのご協力にお礼申し上げます。学会員のみなさまには2割引きで購入できます。400部刊行、定価15,000円(税別)