節句人形・金時(金太郎) 製作者不明 個人蔵

 江戸時代に浮世絵などに多く描かれた金時(金太郎)が、人形としても作られていたことを示す資料である。高さ60㎝あまりの大きな節句人形である。

人形師は不明だが、作風から江戸の人形師・仲秀英の可能性がある。製作年代は江戸時代後期から明治時代初期と推定される。



人形劇の図書館コレクション展『現代人形劇の100年』

2023年1月15日(日)~
   2023年3月30日(木)

「現代人形劇」誕生から100年。記念すべき今年、人形劇の図書館の貴重な資料から、人形、ポスター、絵本を展示します。

詳細はこちら

    日本玩具博物館

特別展『世界のクリスマス

         *祈りの造形』


2022年11月3日(木)~

      2023年1月22日(日)

[クリスマス・祈りの造形][ヨーロッパ・クリスマス紀行]の二つのテーマで、玩具を通してクリスマス風景を描きます。

詳細はこちら

 現代玩具博物館・オルゴール夢館

 小黒三郎賞・創作玩具公募展2023

作品募集期間
 2023年1月5日(木)~2月7日(火)

賞金各30万円!

 プロ・アマ問いません。奮ってご応募ください


詳細はこちら



第34回研究発表大会

 「人形玩具の今と未来」

 

2022年10月22日(土)10:00~16:00
*大会は終了しましたが、発表要旨をダウンロードできます。


○研究発表 寺農織苑、伊井さえこ、  田中圭子、野村祐一、アラン・スコットペイト
○対談「海を渡った人形施設」
○パネルディスカッション「人形玩具の今と未来」


詳細はこちら






・『表象遊戯学研究部会論集I』が発行されました(2020/5/25)

 表象遊戯学研究部会は、2017年にディジタル遊戯学研究部会から改称し、現在に至ります。改称以降、原則年4回研究会を開催し、これまでに25本の研究発表がなされました。この論集は、そうした研究発表をまとめ、多岐にわたる研究分野を一望するものです。

・『日本人形玩具大辞典』が再版となりました(2020/5/12)

 日本人形玩具学会編集の『日本人形玩具大辞典』(東京堂出版)は、2019年7月、初版が出版されましたが、このたび2020年5月20日付で再版となりました。学会員のみなさまのご協力にお礼申し上げます。学会員のみなさまには2割引きで購入できます。400部刊行、定価15,000円(税別)

緊急事態宣言のため、会期途中で休館となった人形玩具史研究部会の展示「千代田の春 江戸東京の正月遊び」実施報告書がアップロードされました。